2018.02.05 Monday

原田マハ「たゆたえども沈まず」

0


     2018年2月5日、読了。フィンセント・ファン・ゴッホを描いだ原田マハのアート小説。フィクションとはいうもののゴッホがよくわかります。
     19世紀末、パリ。浮世絵を扱った画商の林忠正と助手の加納重吉。日本に憧れ、自分だけの表現を追い求めるゴッホと、兄を支えた弟テオの4人を中心に小説が展開されます。
     


     テオが驚いた歌川広重「大はしあたけの夕立」


     ゴッホの初期の作品「じゃがいもを食べる人々」


     ゴッホの日本趣味への傾倒が顕著に示される代表的作例のひとつ「日本趣味 : 花魁」


     林忠正が執筆した絵入り雑誌 「パリ・イリュストレ」 誌の日本特集号( 1886年5月)の表紙
     渓斎英泉「雲龍打掛の花魁」を掲載


     パリで画材屋兼画商を営んでいた「タンギー爺さん」 ゴッホが画材のお礼に描く


     「星月夜」


     ゴッホの遺作になった「木の根」 木の根がゴッホ自身
    2018.02.03 Saturday

    赤川次郎「おもかげ」

    0


       2018年2月3日読了。定年退職を迎えた男が送別会の帰りに倒れ、自分の体を離れて、自分自身のこれまでの人生をふりかえリます。心暖まる小説でした。

      [日販商品データベースより] 
       主人公の竹脇正一(まさかず)は、昭和26(1951)年生まれの65歳。商社マンとして定年を迎えたが、送別会の帰りに地下鉄の車内で倒れ、集中治療室に運びこまれた。
       同期入社で今や社長となった堀田憲雄の嘆き、妻・節子や娘婿の大野武志の心配、幼なじみの大工の棟梁・永山徹の思いをよそに、竹脇の意識は戻らない。彼らを見守る看護師・児島直子は、竹脇と通勤電車で20年来の顔なじみでもあった。
       一方で、竹脇本人はベッドに横たわる自分の体を横目に、奇妙な体験をする。マダム・ネージュと名乗る老女と食事に行き、静と呼ぶことにした女性と夏の入り江で語らう。集中治療室で隣のベッドにいる患者・榊原勝男とは銭湯に行き、屋台で酒を飲む。
       最初は彼女たちのことを妻の知り合いだと考えていた竹脇だが、やがて、死に至るまでには肉体から解放された不思議な時間を経験するのではないかと考え始めた。そんな時間を彷徨いながら、竹脇は自らの過去と思わぬかたちで再会する――。

      2018.02.02 Friday

      2月・3月のイベント(門真市職労HPより)

      0

                           門真市職労HP

         

        ●治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟創立50周年記念集会 講演と文化のつどい

               (2018.3.17)

         

         

        ●なくせ!原発 再稼働はんたい!3・10おおさか大集会2018    

                  (2018.3.10

         

        ●2018年国際女性デー大阪集会

               (2018.3.6)

         

        ●まちかどまちなかコンサート

               (2018.3.4)

         

         

         

        ●音楽のあふれる街へ みんなでつくる門真の第九 2018      

         

                  (2018.2.18

         

        ●第6回わいわいこども食堂     

                  (2018.2.18

         

        ●2018大阪多喜二祭      

                  (2018.2.18

         

        ●2018年権利討論集会      

                  (2018.2.17

         

        ●3000万人憲法署名 門真活動交流学習会      

                  (2018.2.16

         

        ●ヴァレンタインコンサート      

                  (2018.2.16

         

        ●2・11「建国記念の日」不承認 大阪府民のつどい      

                  (2018.2.11

         

        ●「特別区も総合区もいらん!基本議決って何? 住民投票許すな!決起集会」      

                  (2018.2.7

        2018.01.28 Sunday

        浜寺公園ふれあいマラソン

        0

           2018年1月28日、浜寺公園で開催された第8回浜寺公園ふれあいマラソンのハーフマラソンに出場しました。タイムは2時間2分5秒。自己2番目の好タイムです。
           練習不足、前日まで出張、そして致命的な1.5キロ体重オーバーなどで完走さえも危ぶまれていました。
           浜寺公園を5周するコースでしたが、最初の1、2周は順調で徐々に体が重くなり、最後の一周で念願の二時間切りが達成できるかなと思いましたが、足が動きませんでした。
           やはり体重を3キロ落とさなければ。次は2月の泉州国際マラソン、フルマラソンです。


           会場の浜寺公園のコース

           
           阪堺電車


           南海電車の旧浜寺公園駅
          2018.01.27 Saturday

          千葉県野田市を散策

          0
             2018年1月27日、自治労連共済組合議員団総会・研修会が午前中で終わったので、午後から野田市駅周辺を散策しました。



             キッコーマン株式会社野田工場製造第1部
             野田市駅から、県道46号を西に歩くと 。キッコーマン株式会社野田工場製造第1部にたどり着きます。
             白い蔵は御用醤油醸造所、通称御用蔵。宮内庁に納めるための醤油を醸造する専用の蔵。




             上花輪歴史館
             県道を西に進み、800mほど進んだ交差点を左折して、さらに道なりに300mほど行くと上花輪歴史館(かみはなわれきしかん)です。
             寛文元年(1661年)に野田で醤油を醸造しはじめた家である高梨兵左衛門(たかなしひょうざえもん)の屋敷で、敷地全体が高梨氏庭園として名勝に指定されています。あいにく冬季休館。


            上花輪歴史館の隣に上花輪高札場跡、その隣にある観音堂


            興風会館
             興風会館は昭和4年(1929年)に完成し、ロマネスクを加味した近世復興式の建築。野田の地で約300年にわたって醤油醸造を発展させてきた茂木・高梨家の寄付によって設立された財団法人 興風会によって、生涯学習活動等をおこなっています。


             旧野田商誘銀行
             興風会館から北上したところに建つ重厚な洋風建築。大正15年(1926年)に完成した銀行で、醤油醸造家たちが創設したことから醤油→商誘という洒落たネーミングになりました。


            野田の醤油発祥地
             室町時代の永禄年間(1558年〜70年)に飯田市郎兵衛という人がたまり醤油を製造し、甲斐国の武田氏に納めたとの伝承が残っており、その飯田家の蔵の跡地。


             地場の醤油メーカーキノエネ醤油の工場。天保元年(1830年)創業の歴史ある醤油メーカーです。


            Calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728   
            << February 2018 >>
            プロフィール画像
            profilephoto
            PVカウンター
            androidアプリの開発方法
            メール・フォーム
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM