<< ドキュメント´12「八ツ場ダム」 | main | 大島堅一「原発のコストーエネルギー転換への視点」 >>
2012.02.27 Monday

東野圭吾「麒麟の翼」

0
     麒麟の翼

    2012年2月27日読了。

     加賀シリーズ最新作で、今、映画が上映されている話題作です。
      日本橋を舞台にし、神社にお参りしていた被害者など、「新参者」第二弾かなと思わせます。「麒麟の翼」というタイトルがどういう意味なのか考えさせながら読み続け、最後に東野さんらしい「発想の大転換」があって魅力的です。
     そして、これも東野さんらしく人間愛や家族愛も描かれて感動的です。「勇気を出せ」と父から息子へダイイングメッセージが示されます。派遣労働の問題も小説の中で触れています。

     とても読みやすく、前回読んだ東野さんの小説「幻夜」(この小説のどろどろとしているのが、それはそれとして良いのですが)と違って、読了感が心地よい作品です。  

     この小説を読むと、日本橋や実際の「麒麟の翼」像に興味がわいてきます。ネットで調べてみると「おやぢタイプ」というブログに「東野圭吾 『麒麟の翼』と日本橋七福神巡り」と題して、この小説の舞台となった地図や神社・お店・「麒麟の翼」像などの写真などが丁寧に掲載されています。
    コメント
    門真市職労委員長さん

    コメント並びにトラックバック、ありがとうございます。
    もちろん、トラックバック、大歓迎です。
    ブログのなかでも、私のブログをご紹介いただきありがとうございます。
    また、機会があればお立ち寄り下さい。
    よろしくお願いします。
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    プロフィール画像
    profilephoto
    PVカウンター
    androidアプリの開発方法
    メール・フォーム
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM