<< 大阪で国際映画祭を 奈須崇さん 門真フィルムコミッション理事長 | main | 「子どもの貧困 市民が見つける 広がる『門真モデル』」(朝日新聞) >>
2018.10.01 Monday

宮本憲一 ・白藤博行 「翁長知事の遺志を継ぐ 辺野古に基地はつくらせない」

0

     2018年10月1日読了。沖縄県知事選挙結果は、この本の表題のとおり「翁長知事の遺志を継ぐ」こととなりました。沖縄と日本の未来にとって歴史的勝利です。

     若干の読了メモ
    【基地による経済的自立の阻害】
    米軍関係者は日米地位協定によって、ほとんどの公租公課を免除
    自治体の立場からすると、米軍基地によって騒音など多大な被害を受けている上に、様々な公共サービスを提供しているにもかかわらず、課税権を行使できないことを意味する。

    ・沖縄にいるアメリカの海兵隊は、中国が専有を狙っている尖閣諸島を防衛する突撃部隊ではない。(海兵隊のための辺野古新基地建設に反対するのは、中国を利するため、中国から金を得て反対運動が行われている、という事実無根のデマ)
    【日米の取り決め】
    ・アメリカ政府の見解「米国は、尖閣の最終的領有権については、中立」
    ・2015年に策定された日米防衛強力のための指針では、尖閣での防衛は、自衛隊が「一義的」な責任を負うこと、米軍の役割は、「支援と補完」にしか過ぎない。
    【軍事機能】
    ・海兵隊オスプレイは、辺野古から尖閣に飛び、尖閣を守ってくれると日本では信じられているが、海兵隊オスプレイの役割は、地上戦闘員を訓練場に運ぶ「通勤バス」。輸送機なので、武装はしていないから、前線ではなく後方。

    目次
    ●第I部 傍若無人な国の埋立工事強行は許せない
    1 沖縄をアジアの平和と環境と自治の「発信地」に─翁長さんの遺志を(宮本憲一)
    2 辺野古訴訟で問われてきたもの(紙野健二)
    3 世界に誇る辺野古・大浦湾の自然と迫る危機(安部真理子)
    4 かけがえのない沖縄島の自然を次世代につなぐ─辺野古・大浦湾を守る意味はなにか(亀山統一)
    5 基地による経済的自立の阻害は許せない(川瀬光義 )

    ●第II部 飛び立つ沖縄未来へのメッセージ
    1 翁長知事─残したものと遺志の継承(仲地 博)
    2 沖縄と憲法(高良鉄美)
    3 米国の海外基地と地位協定(我部政明)
    4 沖縄の平和(佐藤 学)
    5 沖縄の自治(島袋 純)
    6 脱「基地経済」に挑む沖縄経済(前泊博盛)
    7 「戦争はさせない」の心を受け継いで(島袋淑子)
    8 翁長知事の死を無にしてはならない(桜井国俊)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール画像
    profilephoto
    PVカウンター
    androidアプリの開発方法
    メール・フォーム
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM