<< カフェhitotoki | main | 大阪自治労連第31回定期大会 >>
2018.09.13 Thursday

幣原喜重郎生誕150年記念事業実行委員会発足記念講演会

0
     2018年9月13日、ルミエールホール小ホールで開催された大阪門真出身の首相、幣原喜重郎生誕150年記念事業実行委員会発足記念講演会に出席しました。


     呼びかけ人のひとり、酒井さんが開会の挨拶




     「憲法九条は誰が発案したのか〜幣原喜重郎と「平野文書」」と題して、著名な歴史学者の笠原十九司氏(都留文科大名誉教授)が講演。
     笠原氏は、改憲派が憲法改憲の大きな理由の一つに「押付け憲法だから」を依然、根強くあげており、幣原が衆議院議長時の秘書官だった平野三郎が幣原への聞き取りをまとめた「平野文書」や幣原の親友の大平駒槌の息女メモ「羽室(ミチ子)メモ」などで証明されており、「内容は極めて具体的かつ詳細でマッカーサー証言、其の他の資料との矛盾もない」としました。
     幣原喜重郎首相が戦争の悲惨さを憂い、戦争放棄を世界に広めて平和を実現したいと強く願っていたことを幣原自ら発案し盛り込んだことの信ぴょう性をはっきり示し、「押しつけ」を否定していました。


     今後1年間(第1期)の記念事業の映画「しではら」のプロモーションビデオも上映され、映画の完成が期待されます。門真市在住の斉藤勝さんが映画監督をして2019年8月完成をめざすとのこと。

     呼びかけ人であり記念事業実行委員である戸田伸夫さんから事業についての提案がありました。
     ホームページも開設して発信していくとのこと。

    幣原喜重郎生誕150年記念事業サイト


     最後に実行委員会世話人が紹介されました。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    プロフィール画像
    profilephoto
    PVカウンター
    androidアプリの開発方法
    メール・フォーム
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM