<< 明日8日、幣原生誕150年記念事業準備会に向けた堀尾輝久氏記念講演会 | main | 第33回北河内権利討論集会 >>
2017.12.08 Friday

幣原生誕150年記念事業準備会に向けた記念講演会

0

     2017年12月8日、午後6時30分から、幣原生誕150年記念事業準備会に向けた記念講演会がルミエールホールで開催されました。


     開会挨拶をされる呼びかけ人の戸田伸夫さん(けいはん医療生活協同組合理事長)
     1872年9月13日に大阪・門真で生まれ、マッカーサー元帥に「戦争放棄」の提案をし、憲法9条の成立に尽力した幣原喜重郎が2022年に生誕150年を迎える。その記念すべき年に向けて、幣原喜重郎の功績等をまとめ、門真のみならず、大阪、全国、世界へ幣原の意思を発信する記念事業を進めたいと挨拶されました。
     映画「九条への生還」を作製した門真市在住の斎藤監督が幣原についての映画「プロジェクト9」(仮題)を企画中であることやミュージカルも検討中であることが報告されました。

     記念講演「憲法九条と幣原喜重郎」教育学者の堀尾輝久氏(東大名誉教授)
      堀尾氏は、今年8月、「9条提案は幣原首相/『押しつけ憲法』否定」とする新事実が発見と報道されましたが、その新史料を見つけ出した方であり、憲法九条が掲げる戦争放棄や戦力不保持の精神を盛り込んだ「地球憲章」を、各国の市民が力を合わせてつくろうという学識者や弁護士でつくる「9条地球憲章の会」世話人代表でもあります。
     講演では1946年1月24日にマッカーサー元帥と幣原喜重郎の会談があり、今度の憲法に戦争放棄の条文を入れる提案を幣原がしたことなど戦前、戦後の歴史を通じて興味深い話をしてくれました。

    ジャーナリスト鈴木氏飛び入り発言
     質疑討論では、ジャーナリストの鈴木昭典氏がこの会場で一参加者として発言されたのには驚きました。
    鈴木昭典氏は昨年2月25日に放送されたテレビ朝日「報道ステーション」で、幣原喜重郎総理は「私がマッカーサー元帥に申し上げて、それが九条になったのだ」と明言した音声資料を発見した方です。堀尾氏の論文にも記載されていました。


     講演の後に、関西合唱団の演奏合唱




     最後にかどま九条の会事務局長の酒井さんから閉会挨拶
     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール画像
    profilephoto
    PVカウンター
    androidアプリの開発方法
    メール・フォーム
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM