<< 第28回自治労連・共済組合議員団総会・研修会 | main | 2月・3月のイベント(門真市職労HPより) >>
2017.01.28 Saturday

東京・両国散策 回向院、すみだ北斎美術館

0
     2017年1月27日から28日にかけて第28回自治労連・共済組合議員団総会・研修会が開催された東京・両国を散策しました。


     28日の早朝に訪れたのは回向院。回向院は、今からおよそ360年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院です。   
     この年、江戸には「振袖火事」の名で知られる明暦の大火があり、市街の6割以上が焼土と化し、10万人以上の尊い人命が奪われました。この災害により亡くなられた人々の多くは、身元や身寄りのわからない人々でした。
     当時の将軍家綱は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸、当院の現在地に土地を与え、「万人塚」という墳墓を設け、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行いました。このとき、お念仏を行じる御堂が建てられたのが回向院の歴史の始まりです。


     石造明暦大火横死者等供養塔


     力塚の碑
     日本の国技である相撲は、江戸時代は主として公共社会事業の資金集めのための勧進相撲興行の形態をとっていました。その勧進相撲が回向院境内で初めて行われたのは明和5年(1768)のことで、寛政年間を経て文政年間にいたるまで、勧進相撲興行の中心は回向院とされてきました。

     やがて天保4年(1833)より回向院は春秋2回の興行の定場所となり、明治42年の旧両国国技館が完成するまでの76年間、「回向院相撲の時代」が続いたのです。

     力塚の碑は、昭和11年に相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊の為に建立したものですが、その後も新弟子たちが力を授かるよう祈願する碑として、現在も相撲と回向院とのつながりを示す象徴になっています。


     ねずみ小僧次郎吉の墓
     時代劇で義賊として活躍するねずみ小僧は、黒装束にほっかむり姿で闇夜に参上し、大名屋敷から千両箱を盗み、町民の長屋に小判をそっと置いて立ち去ったといわれ、その信仰は江戸時代より盛んでした。


     猫の恩返し(猫塚)
     猫を可愛がっていた魚屋が、病気で商売ができなくなり、生活が苦しくなったとき、猫がどこからともなく二両の金を咥えてきて、魚屋を助けました。
     その後猫は姿を消してしまったのですが、ある商家で猫が二両咥えて逃げようとしたところをみつかり、奉公人に殴り殺されてしまった。そのことを知った魚屋は商家の主人に事情を話しました。
     主人も猫の恩に感銘を受け、魚屋とともにその遺体を回向院に葬りました。 
     この話が 「猫の恩返し」 江戸っ子の間で広まりました。



     28日、総会・研修会終了後の午後から昨年11月22日にオープンしたすみだ北斎美術館へ。
     浮世絵師・葛飾北斎の作品を展示しています。ここは北斎が 宝暦10(1760)年に本所割下水(現・北斎通り)付近で生を受けた場所にあります。
     この建築デザインを手がけたのは、世界的な評価を得ている建築家・妹島和世。シルバーのクールな外壁は鋭角なスリット状に切り取られ、見るからに斬新でモダンな表情を見せています。建物はそれほど大きくありません。
     あいにく、企画展を終わっていて4階の常設展だけの鑑賞となりました。

     常設展の入口に展示されている奉納大絵馬「須佐之男命厄神退治之図」(推定復元)
     北斎が晩年に (江戸末期の1845年、85歳)描いた 「須佐之男命厄神退治之図(すさのおのみことやくじんたいじのず)」 で、 1923年の関東大震災で神社とともに焼失し、幻の大絵馬とされていたものを推定復元されました。
     須佐之男命がさまざまな厄神をひざまずかせ、二度と病気や凶事を起こさぬよう証文を取っている様子が描かれています。 墨田区向島の牛嶋神社に奉納された横276センチ、縦126センチの絵馬に描かれ、北斎作品では最大級です。


     「冨嶽三十六景 凱風快晴」


     「冨嶽三十六景 神奈川沖波裏」


     「百物語 さらやしき」


     「百人一首 乳母(うば) かゑとき」
     百人一首の和歌の内容を乳母が子供に絵で説明をするという北斎最後の錦絵シリーズ。
     猿丸太夫の「奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」の歌をもとにしています
     
     茸狩りか落葉掃きの帰りの女性が左手の指で紅葉の山の上の2匹の鹿を指しています。


     北斎のアトリエ
     北斎が84歳のころに、墨区榛馬場に娘の阿栄とともに住んでいました。門人の露木為一が描いた絵をもとにして再現したアトリエ。



     JR両国駅隣の「-両国-江戸 NOREN」。飲食店や土産物屋、観光案内所があり、賑わっています。


     JR両国駅内、横綱の写真や手形などが飾ってあります。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    プロフィール画像
    profilephoto
    PVカウンター
    androidアプリの開発方法
    メール・フォーム
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM