<< 9月・10月のイベント(門真市職労HPより) | main | 伊藤千尋「キューバ 超大国を屈服させたラテンの魂」 >>
2016.09.03 Saturday

椎名誠「おなかがすいたハラペコだ」

0


     2016年9月3日、読了。久しぶりに椎名さんのエッセイを読んだが、独特の椎名調の語りで面白い。玉ねぎの話や世界各地の料理、奥さんの渡辺一枝さんの手づくり弁当の話など食べものの話が満載。以下、読書メモ。

    ・羊羹の起原 中国の羊の羹(あつもの)、羊の腱の部分を使った煮物が日本に入ってきて、日本には羊があまりいないので羊の代わりに山の芋、小豆のこし粉、小麦粉、葛粉、砂糖などを使った「もどき」を作ったもの。日本では羊はあまり食べないが、世界では最も多く食べられる肉。

    ・椎名誠の最後の晩餐
     炊きたてのあつあつのごはん、焼きのり、味噌汁
     八戸のダイワロイネットホテルの朝食はうまい。ごはんがうまい、おかずは地元産、さばいたばかりの刺し身。

    ・おとりよせ食材ベスト5のひとつ、五島手延うどん 中本製麺所、長崎県南松浦郡
     普通のうどんより細く、そーめんよりも太い。煮込んでもいい。

    ・世界一の麺 山形県酒田のワンタンメン 
     「川柳」か、「満月」「三日月」「新月」等という月グループ。特徴はワンタンの皮が信じられないくらい薄く、雲を包むよう。

    ・幸せの「貧乏人の鍋」
     鍋に水とシイタケの戻し汁を入れて、白菜、豚のバラ肉、春雨を煮込み、ごま油をかけてさらに煮込み、塩ととうがらしを入れた小鉢で食べる。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    プロフィール画像
    profilephoto
    PVカウンター
    androidアプリの開発方法
    メール・フォーム
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM