2019.04.29 Monday

ドラマ「浮世の画家」

0

     2019年4月29日、録画していたノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの出世作「浮世の画家」のドラマを見ました。戦争が人間の生き方を狂わせます。

    ドラマ公式サイト
    2019.04.14 Sunday

    アガサ・クリスティの「予告殺人」

    0

       2019年4月14日放送のドラマ、アガサ・クリスティの「予告殺人」を見ました。
       個性的な警部を大沢一樹が、美しい館主を大地真央が熱演し、その他にも豪華キャストでアガサ・クリスティの世界を楽しめました。

      ドラマ公式サイト
      2019.01.20 Sunday

      映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

      0
         

         2019年1月20日、映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を見てきました。 
         筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いたいい映画でした。
         鹿野さんを大泉洋、ボランティアの医学生・田中を三浦春馬、田中の恋人・美咲を高畑充希が好演していました。大泉洋が演じたらこそ、障がい者の自立というテーマも深刻にならず、ときには笑い、泣けた映画となりました。
        2018.12.26 Wednesday

        映画「家へ帰ろう」

        0



           2018年12月26日、映画「家へ帰ろう」を見てきました。
           アルゼンチンから故郷ポーランドへ、ホロコーストから逃れた88歳のユダヤ人、仕立屋アブラハムが自分の命を救ってくれた親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すために、一人で旅に出ます。最後の場面は感動です。
           アルゼンチンのブエノスアイレスからスペインのマドリード、フランスを経て、様々なハプニングがある中、多くの人々に助けられて、ポーランドのワルシャワへと向かいます。
           主人公が忌み嫌うドイツを経由したくないと主張する過去の悲劇が映画に出てきます。
           監督・脚本を手掛けたパブロ・ソラルスは、自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得、自身のアイデンティティーを確認するために避けて通れないと映画化したといいます。
           飛行機で隣席になったミュージシャン、疎遠になっていた末娘(腕に収容所番号の入れ墨)、マドリードのホテルの女主人、ドイツ人の文化人類学者、そしてポーランド・ワルシャワの看護師等旅先で出会う人とアブラハムの関わりが人間味溢れ、あたたかい。
          公式ホームページ


           マドリードのホテルの女主人と


           ドイツを経由せず、ポーランドに行きたいと主張するアブラハム 左後方にドイツ人の文化人類学者


           ポーランドに向う列車に乗り換えるために、ドイツの駅のホームを歩くことに躊躇するアブラハム 隣はドイツ人の文化人類学者


           ワルシャワからアブラハムの実家に向うために、車で運転して連れて行ってくれるワルシャワの看護師

           写真は公式ホームページなどネットを使わせていただきました。

          2018.11.17 Saturday

          映画「ボヘミアン・ラプソディ」

          0


             2018年11月17日、クイーンを描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。
             予想以上の感動です。最後のライブ・エイドの場面では胸いっぱいになり涙ががでてきました。

             ライブ・エイド(YouTube)

             若い頃から、クイーンが好きだったので、その頃のことも思い重なったのかもしれません。
             素晴らしい演奏です。映画にでてくる俳優もクイーンにそっくり。顔もそうだが、性格もそっくりに演じていました。

             11月16日付の「日経新聞」夕刊に「マーキュリーを主軸に展開するが、成功後の光と影に比較が置かれるあまり、成長期の野心あふれる挑戦過程の描き込みがやや手薄」という映画デビューがありましたが、確かにそういう面があったかなと思います。 


             10代の頃にクイーンのライブに行ったことを思い出しました。
             ネットで調べてみると、1979年5月2日の山口県山口市の山口県立体育館でおこなわれたライブ。
             私が高校3年、大学受験の年なのに、山口市に一泊して行っています。夢中になっていたんでしょうね。

            1979年5月2日 山口市山口県立体育館 
            セットリスト
            01. We Will Rock You - fast
            02. Let Me Entertain You
            03. Somebody To Love
            04. Death On Two Legs
            05. 〜Killer Queen
            06. 〜Bicycle Race
            07. I'm In Love With My Car
            08. Get Down Make Love
            09. 〜You're My Best Friend 
            10. Now I'm Here
            11. Teo Torriatte
            12. Don't Stop Me Now
            13. Dreamer's Ball
            14. Love Of My Life
            15. '39
            16. It's Late
            17. Brighton Rock - Drum & Guiter Solo
            18. Keep Yourself Alive
            19. Bohemian Rhapsody 
            20. Tie Your Mother Down
            21. Sheer Heart Attack
            22. We Will Rock You
            23. We Are The Champions
            24. God Save The Queen
            2018.08.05 Sunday

            日曜美術館「奄美の森に抱かれて〜日本画家_田中一村」

            0

               2018年8月5日、日曜美術館「奄美の森に抱かれて〜日本画家 田中一村〜」が再放送されていました。
               一村が奄美大島で描いた美しい絵にひきこまれます。佐川美術館で田中一村展を開催されているらしいけれど、行きたくなります。




              働くアートの愛好家(ブログ)
              2018.08.02 Thursday

              映画「空飛ぶタイヤ」

              0


                 
                 2018年8月2日、見たかった池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」の映画を見てきました。期待していたとおりのいい作品でした。
                 トラックの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長が自社の無実を証明すべく、そして犠牲者の無念を晴らすべく、製造元の自動車会社がひた隠す不正(リコール隠し)を暴く闘いに挑みます。中小企業の運送会社の社員の仕事に対するプライド、そして大企業の自動車会社のまともな社員の中でのプライドが大企業の不正を正します。
                 実際にあった2002年の三菱自動車母子死傷事故をもとに書かれた作品。タイヤと車軸をつなぐ要の部品「ハブ」が破損していたのが事故の原因。三菱自動車はハブの強度不足を知りながら対策をせず、原因は「整備不良にある」とユーザーに責任を転嫁していました。


                2018.07.29 Sunday

                「池上彰の現代史を歩く ベトナム戦争」

                0
                   2018 年7月29日、今日、テレビ大阪で「池上彰の現代史を歩く ベトナム戦争」を放送していました。
                   2016年にベトナムのホーチミンに行ったときに訪れたベトナム戦争について展示されている戦争証跡博物館が映っていて懐かしく思いました。
                   世界中の従軍写真家たちが撮影した部屋「レクイエム」には、ピュツアリー賞を受賞された澤田教一さん撮影の「安全への逃避」や石川文洋さんの写真が展示されていました。
                   テレビでは、「安全への逃避」の当人が出ていました。








                   アメリカ軍が北爆した空爆機は、日本の沖縄の基地から離陸していたこともしっかりと紹介されていました。

                  北爆を指揮したアメリカ軍の指揮官カーチス・ルメイは、日本の東京大空襲も指揮し、戦後、自衛隊創設で貢献したということで日本の政府から表彰をされていたこともとりあげられていました。
                  2018.07.05 Thursday

                  映画「焼肉ドラゴン」

                  0

                     2018 年7月5日、午前中に平和行進を歩いた後に、在日コリアン家族の泣き笑いを描いた映画「焼肉ドラゴン」を見てきました。感動の映画です。
                     時代は万国博覧会に沸く1970年前後、大阪国際(伊丹)空港近くに実在した在日集落が舞台。バラックを建てて暮らしていた在日コリアン家族らは「土地を買った」と主張しますが、空港に隣接する国有地を不法占拠したとして、撤去を命じられます。
                     3人の娘と1人の息子を愛する父親の龍吉(キム・サンホ)がいい顔をしていました。1948年に起こった済州島で「4.3事件」の悲劇も語られていました。

                    映画「焼肉ドラゴン」公式ホームページ
                    2018.06.18 Monday

                    映画「万引き家族」

                    0


                       2018年6月18日、震度6弱の地震があった日、電車が止まっていたので、映画「万引き家族」を見てきました。
                       万引きや一人の老女の年金で生活する6人の「(血縁のない)家族」。生活のために、違法なことを繰り返します。おこなったことは犯罪ですが、「家族」の絆は実の家族にはないものがありました。
                       万引きを「父親」としていた少年がこんな生活から抜け出そうとして、わざと万引きを見つかり、この不思議な家族がばらばらになります。
                       父親と再会して、別れてバスに乗って、走って追いかけてくる父親をふり返る少年の顔、昔の生活を懐かしむ顔、最後のシーンが印象に残ります。
                       リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林等個性あふれる俳優が出演していました。カンヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)を獲得。
                       
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      プロフィール画像
                      profilephoto
                      PVカウンター
                      androidアプリの開発方法
                      メール・フォーム
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM