2017.11.12 Sunday

第29回門真市民コンサート

0

    (このチラシの上部にある街なみは2014年に行ったウィーンのシュティファン寺院 から眺めたウィーンの街なみでは?このモザイク模様の屋根に記憶があります)

     2017年11月12日、第29回門真市民コンサートに行ってきました。


    ルミエールホール・小ホールの緞帳



     慌ただしい中、モーツァルトやバッハ、ヴィヴァルディ、シュトラウス二世などの名曲をゆっくりと楽しめました。


     古川橋駅からルミエールホールに行く途中のサンジョゼ広場前の樹木 色づき始めてきました
    2017.11.10 Friday

    落語 北河内寄席

    0



       2017年11月10日 、毎年恒例の大阪労連北河内地区協議会女性部主催の文化行事、今年は落語 北河内寄席。
       芸人9条の会にも出演された笑福亭銀瓶さんのほか、笑福亭由瓶、桂慶治朗さんによる落語を楽しみました。会場は恒例の守口エナジーホール。

      出演者及び演目
      1. 桂慶治朗 「動物園」
      2. 笑福亭銀瓶 「阿弥陀池」
      〜中入り〜
      3. 笑福亭由瓶 「手水回し」
      4.笑福亭銀瓶 「はてなの茶碗」
      2017.11.04 Saturday

      京都国立博物館 国宝展

      0




         2017年11月4日、京都国立博物館で開催されている国宝展(3期)に行ってきました。


         金印
         江戸時代に現在の福岡市志賀島で発見された金印「漢委奴国王印」。後漢の光武帝が紀元57年に倭奴国に下賜したという『後漢書』の記載に一致します。長い日中交流史の冒頭を飾る遺物であり、金色の輝きが見る者を古代にいざないます。





         長谷川等伯とその息子、久蔵の共演

         以前、読んだ安部龍太郎「 等伯」を思い出してきました。
        安部龍太郎「 等伯 上」
        安部龍太郎「 等伯 下」



        丸山応挙「雪松図屏風」
        三井記念美術館










        京都国立博物館 国宝展公式ホームページ

         

        2017.10.07 Saturday

        桂小春團治独演会

        0


           2017年10月7日、ドーンセンターで開催された桂小春團治独演会に行ってきました。
           三代目、桂春団治入門40周年記念として開催され、前座からトリまで、小春團治師匠一人で5席の完全独演。
           演目は「コールセンター問答」、「さわやか侍」、「禁断の宴」、「ものうげな放課後」「断捨離ウォーズ」。どれも面白く、とりわけ最後の 「断捨離ウォーズ」の落ちは気に入りました。
          2017.09.03 Sunday

          和泉市久保惣記念美術館「北斎の富士」

          0




             2017年9月3日、「北斎の富士ー富嶽三十六景と東海道ー」展が開催されている和泉市久保惣記念美術館に行ってきました。
             葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」の46枚のうち45枚が展示され、北斎の富士画を楽しみました。




             北斎の 「富嶽三十六景」 浮世絵版画摺り体験もしました。
            上の絵は「 凱風快晴」
            下の絵は「相州梅澤左(そうしゅううめざわのひだり)」







            ミュージアムコンサートもありました。ソプラノとピアフの演奏を楽しみました。

            続きを読む >>
            2017.08.29 Tuesday

            ボストン美術館の至宝展

            0



               2017年8月29日、東京・上野の東京都美術館で開催されている「ボストン美術館の至宝展」に行ってきました。
               古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術と、ボストン美術館で収集されたコレクションが展示され楽しめました。


              陳容
              《九龍図巻》(部分)
              Chen Rong
              Nine Dragons
              南宋、1244年(淳祐4年)


              曾我蕭白
              《風仙図屏風》
              Soga Shôhaku
              Transcendent Attacking a Whirlwind
              江戸時代、1764年(宝暦14年/明和元年)頃


              英一蝶《涅槃図(ねはんず)》
              Hanabusa Itcho
              The Death of the Historical Buddha
              江戸時代、1713年(正徳3年)


              喜多川歌麿
              《三味線を弾く美人図》
              江戸時代、1804-06年(文化1-3年)頃


              続きを読む >>
              2017.08.26 Saturday

              アルチンボルト展

              0

                 2017年8月26日、東京の国立西洋美術館でアルチンボルト展に行ってきました。
                 動植物や日用品を巧みに構成させ、象徴的な人の姿に見せる「寄せ絵」、卓上の静物のような画面をひっくり返すと人物が浮かび上がる「上下絵」、その当時の権力者を批判して誇張した絵などウィットに富んだトリッキーな絵を楽しめました。




                「四季」と「四大要素」の寓意像。右から左へ、「秋」 と「大地」、「水」と「冬」



                 入り口付近に自分の顔をアルチンボルト風に変換するブースが面白かったです。

                私のアルチンボルト風顔(マイ動画)

                2014年9月に行ったウイーン美術史博物館



                 国立西洋美術館
                2017.07.26 Wednesday

                レオナルド・ミケランジェロ展

                0

                   2017年7月27日、自治労連共済組合議員団として総務省・連合会への要請で東京に行きましたが、その前に三菱一号館美術館(赤煉瓦の建物)で開催されているレオナルド・ミケランジェロ展に行ってきました。
                   イタリアのルネサンス期の巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ、二人の素描を中心に展示。精密な描写には感嘆します。


                  レオナルド・ダ・ヴィンチ「少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作」と、ミケランジェロ「〈レダと白鳥〉の頭部のための習作」


                  ミケランジェロ 「十字架を持つキリスト」

                  レオナルド・ミケランジェロ展公式ホームページ
                  2017.07.21 Friday

                  コンサート「バロックの花束」

                  0
                     
                     2017年7月21日、ルミエールホール・レセプションホールで開催されたコンサート「バロックの花束」に行ってきました。
                     チェンバロの中出悦子さんとバイオリンの辻井淳さんとのコンサート。ふたりの楽しい解説と演奏で癒されたコンサートとなりました。
                     
                    2017.06.28 Wednesday

                    ブリューゲル「バベルの塔」展

                    0
                       
                       2017年6月28日、東京で開催された全国市町村職員共済組合連合会総会を傍聴した後、 東京都美術館で開催されている「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」を観てきました。
                       2014年9月にオーストリアのウィーン美術史博物館でブリューゲル「バベルの塔」 を観た ので興味深く行ってきました。
                       ブリューゲルは、「バベルの塔」 を3点制作し、一つは ウィーン美術史博物館の通称「大バベル」、もう一つはボイマンス美術館所蔵の「小バベル」。大小は絵の大きさによる。残り一点はイタリアに納められ、行方不明らしい。

                       ブリューゲル「バベルの塔」を始めヒエロニムス・ボスの奇想の絵など楽しめました。
                       大阪でも国立国際美術館で、 7月18日(火)〜 10月15日(日)、 ブリューゲル「バベルの塔」展をおこなわれます。もう一度行きたくなります。

                      ブリューゲル「バベルの塔」展の公式ホームページ には見どころが詳しく掲載されていました。

                       以下、公式ホームページからの転用
                      続きを読む >>
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      プロフィール画像
                      profilephoto
                      PVカウンター
                      androidアプリの開発方法
                      メール・フォーム
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM