2017.07.26 Wednesday

レオナルド・ミケランジェロ展

0

     2017年7月27日、自治労連共済組合議員団として総務省・連合会への要請で東京に行きましたが、その前に三菱一号館美術館(赤煉瓦の建物)で開催されているレオナルド・ミケランジェロ展に行ってきました。
     イタリアのルネサンス期の巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ、二人の素描を中心に展示。精密な描写には感嘆します。


    レオナルド・ダ・ヴィンチ「少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作」と、ミケランジェロ「〈レダと白鳥〉の頭部のための習作」


    ミケランジェロ 「十字架を持つキリスト」

    レオナルド・ミケランジェロ展公式ホームページ
    2017.07.21 Friday

    コンサート「バロックの花束」

    0
       
       2017年7月21日、ルミエールホール・レセプションホールで開催されたコンサート「バロックの花束」に行ってきました。
       チェンバロの中出悦子さんとバイオリンの辻井淳さんとのコンサート。ふたりの楽しい解説と演奏で癒されたコンサートとなりました。
       
      2017.06.28 Wednesday

      ブリューゲル「バベルの塔」展

      0
         
         2017年6月28日、東京で開催された全国市町村職員共済組合連合会総会を傍聴した後、 東京都美術館で開催されている「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」を観てきました。
         2014年9月にオーストリアのウィーン美術史博物館でブリューゲル「バベルの塔」 を観た ので興味深く行ってきました。
         ブリューゲルは、「バベルの塔」 を3点制作し、一つは ウィーン美術史博物館の通称「大バベル」、もう一つはボイマンス美術館所蔵の「小バベル」。大小は絵の大きさによる。残り一点はイタリアに納められ、行方不明らしい。

         ブリューゲル「バベルの塔」を始めヒエロニムス・ボスの奇想の絵など楽しめました。
         大阪でも国立国際美術館で、 7月18日(火)〜 10月15日(日)、 ブリューゲル「バベルの塔」展をおこなわれます。もう一度行きたくなります。

        ブリューゲル「バベルの塔」展の公式ホームページ には見どころが詳しく掲載されていました。

         以下、公式ホームページからの転用
        続きを読む >>
        2017.06.18 Sunday

        京都 暁斎展

        0

           2017年6月18日、自治労連社会保障集会の後、美術館「えき」KYOTOで開催されている暁斎(きょうさい)展に行ってきました。
           「ゴールドマン コレクション
          これぞ暁斎!世界が認めたその画力」と題して展示されていました。
           河鍋暁斎(1831年-1889年)は、幕末から明治の激動の時代を生きた絵師。
           3歳で初めて蛙を描いたという暁斎は、7歳で浮世絵師の歌川国芳に入門した後、狩野派に学び19歳の若さで修業を終えました。周りから「画鬼」と称されるほどに画業に打ち込んだそうです。
           「暁斎ワールド「と言ってもいいほどの独特の暁斎の絵を楽しみました。


           展示されていた暁斎の絵のレプリカ

          美術館「えき」KYOTO HP

          ニュース・エンタメ
          2017.06.11 Sunday

          大阪歴史博物館4 前期難波宮内裏西方官衙と古墳時代大型倉庫群

          0
             2017年6月11日、大阪歴史博物館の見学最終コース。博物館の1階フロアーに集合し、学芸員の方の説明を受けました。


             1階の一画は、床がガラス張りになっていて、その下に「内裏西方官衙」から出土した倉庫の柱跡が発掘当時の状態で見ることができます。
             倉庫も掘立柱で建てられました。大きな穴が掘られ掘立柱が組まれたことがわかります。


             地階の遺構展示室を案内してくれました。「内裏西方官衙」の倉庫の柱跡を復元した遺構を説明してくれました。
             「内裏西方官衙」は内裏の西方に立ち並ぶ倉庫群を塀で区画した施設で、『日本書紀』に記された「難波大蔵」ではないかと考えられています。施設の北側には建物を3〜4棟並べ、連続した一つの屋根をかけた細長い建物があり、「並び倉」と呼ばれています。他の倉より格が高く貴重品を納めていた施設だったと考えられています。
            続きを読む >>
            2017.06.11 Sunday

            大阪歴史博物館3 10階 古代フロア 「発見!難波宮大極殿」

            0
               2017年6月11日、 大阪歴史博物館10階の古代フロア「発見!難波宮大極殿」を再び学芸員の方から説明を受けて見学しました。


               10階の復元された大極殿から望む後期難波宮跡、難波宮公園。公園の中央に大極殿基壇。



              前期難波宮の模型
               645年に孝徳天皇は難波(難波長柄豊崎宮)に遷都し、前期難波宮は652年に完成しました。元号の始まりである大化の改新とよばれる革新政治はこの宮でおこなわれました。
               前期難波宮は日本で最古の大陸式宮殿。唐の長安城を模倣したとも言われています。建物配置が左右対称で、すべて掘立柱建物から成り、屋根は瓦を使わず、草葺屋根でした。


               前期難波宮の横に大阪歴史博物館の位置が示されています。 「内裏西方官衙」と呼ばれる施設の復元イメージが展示され、内裏の西方に立ち並ぶ倉庫群を塀で区画されています。



               後期難波宮 
               8世紀前半の奈良時代、聖武天皇によって造られました。前期難波宮に比べてひと回り小さく、屋根に瓦が使われています。



                後期難波宮の鴟尾(しび)模型
               鴟尾は宮殿・寺院の主要な建物において、棟の両側を飾るものです。葡萄唐草模様が見え、シルクロードを通じてヨーロッパの文様が伝わったものです。


              続きを読む >>
              2017.06.11 Sunday

              大阪歴史博物館2 7階 近代現代フロア 経験!等身大のリアルな街のパノラマ

              0
                 2017年6月11日に行った大阪歴史博物館。 7階の「近代現代フロア 街のパノラマ」を見学しました。




                 大正末期〜昭和初期にひときわにぎわった心斎橋筋、道頓堀などの街角をリアルに再現。 公設市場。




                 劇場のまち 道頓堀・千日前
                続きを読む >>
                2017.06.11 Sunday

                大阪歴史博物館1 「中世近世フロア 探検!水都の町並みぐるっとめぐり」

                0


                   2017年6月11日、大阪歴史博物館に行きました。

                   まず最初に見学したのは、9階の「中世近世フロア 探検!水都の町並みぐるっとめぐり」。 午前10時から歴史博物館の学芸員の方が室町時代の大阪について説明してくれました。


                   中国などとの貿易で栄えていた堺の街並み模型


                   室町時代の大阪のまち 下から天満宮、渡辺津、大阪本願寺(後にこの場所に大阪城が築城)、高津、天王寺。


                   「牡丹図」呉春 筆
                   呉春は京都の四条に住み、その一門を「四条派」と言い、呉春の弟子は大阪に住んでいました。その絵の特徴は、大名ではなく商人に描いたことから絵が大きくなく、結果、輪郭も細いといいます。 「牡丹図」は輪郭がなく、筆の濃淡で描いています。


                   丁寧な学芸員の方の説明の後、文楽人形「浪花屋」が水先案内人をしてくれました。


                   堂島米市


                   難波(なにわ)橋
                  続きを読む >>
                  2017.06.03 Saturday

                  第9回関西バリ舞踊祭

                  0


                     2017年6月3日、岸和田市の岸和田城近くにある岸城神社で開催された第9回関西バリ舞踊祭に行ってきました。
                     約400年前、岸和田城築城の折に、珍しい亀が現れたということで、これは萬代栄えるお城であると、岸和田城は「千亀利(ちぎり)城」と命名されました。
                     岸城神社は岸和田城の鎮守杜で「ちぎりのお宮」と呼ばれ崇敬されています。
                     古来神社では芸能が奉納されてきましたが、インドネシア共和国、バリ島の伝統舞踊も本来800万の神々に奉ずる踊りです。
                     第一線で活躍中の関西一円のバリ舞踏家たちが境内で舞を披露しました。


                     バレガンジュール(パレード) 
                     蛸地蔵商店街下がりの旧26号線から岸城神社まで歩いてきました。


                     舞踊祭のオープニングはジャヤ・スマラ(瞬発力と’間’これぞガムラン・ゴン・クビャール!)
                    演奏・連合チーム

                    動画



                     ペンデット(歓迎の踊り)
                     舞踊・武田和恵、間瀬皐月、間瀬菜花
                     演奏・チャンドラ・バスカラ、プルナマ・サリ、ガムラン倶楽部

                     動画

                    続きを読む >>
                    2017.05.13 Saturday

                    京都国立博物館 特別展覧会「海北友松」展

                    0

                       2017年5月13日、京都国立博物館で開催されている特別展覧会「海北友松」展に行ってきました。
                       仕事で国の会計監査があり、この日も自治労連の会議があって、かなり疲れていましたが、リフレッシュできました。
                       やはり、 「雲龍図 」 は迫力がありました。



                      京都国立博物館


                       気に入った海北友松の作品の絵葉書を買いました。 建仁寺の「雲龍図 」とサンフランシスコ・アジア美術館の「柏に猿図」

                      京都国立博物館特別展公式ホームページ
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      プロフィール画像
                      profilephoto
                      PVカウンター
                      androidアプリの開発方法
                      メール・フォーム
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM