2019.01.10 Thursday

たかのてるこ「ど・スピリチュアル日本旅」

0


     2019年1月10日、たかのてるこ「ど・スピリチュアル日本旅」を読みました。世界中を旅するエッセイストがスピリチュアル=「目には見えない精神的な世界」を求めて日本の各地を旅するエッセイ。その地域の文化や出会った人々とのふれあいを面白く書かれています。
     読んだ後、元気になれる本です。沖縄編は爆笑もの、行きたくなります。以下、目次と読書メモ。 

    1st TRAVEL 和歌山・高野山
    高野山の宿坊で、プチ修行旅 〜憧れの空海&美坊主たちとの夜


    2nd TRAVEL 三重・伊勢神宮
    おかんと、人生最初で最後の“お伊勢参り"


    3rd TRAVEL 北海道・二風谷
    アイヌのシャーマンの家でホームステイ


    4th TRAVEL 佐賀・三瀬村
    癒やし系「農家民宿」で収穫ヒーリング!

     農家民宿「具座」

    5th TRAVEL 沖縄
    <本島&久高島>沖縄最強の“ユタ”のお告げ&“神の島”で開運デトックス


    沖縄・本島
    沖縄そば「玉屋」
    山羊料理さかえ
    ライブハウス「島唄」

    沖縄・久高島(くだかじま)
     島には私有地がなく、島民で管理。先祖代々の土地をみんなで守る。
     「小やどSAWA」
     食堂「とくじん」

    <石垣島&竹富島> ハイテンションお父さんの「海人の宿」で魚突き!
    沖縄・石垣島
    民宿「たいらファミリー」

    <黒島&波照間島> 呑んだくれ民宿&体験型の宿★離島ホッピング

    沖縄・黒島
    民宿「南来(なんくる)」 宿主の三味線ライブ

    沖縄・波照間島(日本の最南端の島)
     「あがた村」

    2019.01.02 Wednesday

    小林 篤史「ねこ背は10秒で治せる! 」

    0


       2019年1月2日読了。自分のねこ背が気になっていたので、読んでみました。骨盤を整えることがねこ背を治す基本であると書かれていました。さっそく、ストレッチをしてみます。

      ねこ背治しのシステム
      1.骨盤の前傾・後傾を判別する
      2.骨盤を整えるストレッチを行う
      3.上半身のねこ背のタイプを判別する
      4.タイプ別ストレッチを行う

       私の場合は骨盤の前傾・後傾でもないようなので、両方のストレッチをしてみます。
       ねこ背のタイプは、「円背型ねこ背」「顔出し型ねこ背」なので「肩回し」「顔引っ込め」のストレッチをしてみます。
      2018.12.19 Wednesday

      今村 昌弘「屍人荘の殺人」

      0


         2018年12月19日読了。ホラー的要素もあるミステリー小説で、楽しく読めました。密室殺人の謎に迫ります。
         登場人物の氏名を小説の中で、覚えやすいように紹介してくれて助かりました。

        内容(「BOOK」データベースより)
         神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明け―。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!
        2018.12.08 Saturday

        青木理「安倍三代」

        0


           2018年12月8日、読了。母方の祖父・岸信介を慕う安倍晋三首相のもうひとつの系譜、父方の祖父、安倍寛からの三代を取材し安倍晋三首相の真相を迫ります。以下、読書メモ。

          安倍寛
           1942年の衆議院議員選挙で、国民総動員体制を目指す「大政翼賛会」の政治組織「翼賛政治体制協議会」の推薦を受けずに当選した安倍寛、社会の格差を憂い、戦争反対だった。

          安倍晋太郎
           反戦を主張した父、安倍寛を誇りにした。特攻隊を志願した経験を通じて晋太郎自身が平和主義者。選挙区の下関市では在日韓国人・朝鮮人が多く、援助してきた。バランス感覚があるリベラリストだった。

          安倍晋三
           素直で真面目。政治家として忙しかった父安倍晋太郎に代わり、祖父岸信介に可愛がられた。大学までは何ら政治思考がなかった。
           子犬が狼の子と遊んでいたら、狼になったようなもの。

          目次
          第1部 寛(知られざる祖父/「富の偏在」への怒り/反戦唱え、翼賛選挙へ)
          第2部 晋太郎(天涯孤独のドウゲン坊主/「異端」と「在日」/オレのオヤジは大したやつで/リベラルとバランス)
          第3部 晋三(凡庸な「いい子」/「天のはかり」と「運命」/世襲の果てに)

          2018.10.01 Monday

          宮本憲一 ・白藤博行 「翁長知事の遺志を継ぐ 辺野古に基地はつくらせない」

          0

             2018年10月1日読了。沖縄県知事選挙結果は、この本の表題のとおり「翁長知事の遺志を継ぐ」こととなりました。沖縄と日本の未来にとって歴史的勝利です。

             若干の読了メモ
            【基地による経済的自立の阻害】
            米軍関係者は日米地位協定によって、ほとんどの公租公課を免除
            自治体の立場からすると、米軍基地によって騒音など多大な被害を受けている上に、様々な公共サービスを提供しているにもかかわらず、課税権を行使できないことを意味する。

            ・沖縄にいるアメリカの海兵隊は、中国が専有を狙っている尖閣諸島を防衛する突撃部隊ではない。(海兵隊のための辺野古新基地建設に反対するのは、中国を利するため、中国から金を得て反対運動が行われている、という事実無根のデマ)
            【日米の取り決め】
            ・アメリカ政府の見解「米国は、尖閣の最終的領有権については、中立」
            ・2015年に策定された日米防衛強力のための指針では、尖閣での防衛は、自衛隊が「一義的」な責任を負うこと、米軍の役割は、「支援と補完」にしか過ぎない。
            【軍事機能】
            ・海兵隊オスプレイは、辺野古から尖閣に飛び、尖閣を守ってくれると日本では信じられているが、海兵隊オスプレイの役割は、地上戦闘員を訓練場に運ぶ「通勤バス」。輸送機なので、武装はしていないから、前線ではなく後方。

            目次
            ●第I部 傍若無人な国の埋立工事強行は許せない
            1 沖縄をアジアの平和と環境と自治の「発信地」に─翁長さんの遺志を(宮本憲一)
            2 辺野古訴訟で問われてきたもの(紙野健二)
            3 世界に誇る辺野古・大浦湾の自然と迫る危機(安部真理子)
            4 かけがえのない沖縄島の自然を次世代につなぐ─辺野古・大浦湾を守る意味はなにか(亀山統一)
            5 基地による経済的自立の阻害は許せない(川瀬光義 )

            ●第II部 飛び立つ沖縄未来へのメッセージ
            1 翁長知事─残したものと遺志の継承(仲地 博)
            2 沖縄と憲法(高良鉄美)
            3 米国の海外基地と地位協定(我部政明)
            4 沖縄の平和(佐藤 学)
            5 沖縄の自治(島袋 純)
            6 脱「基地経済」に挑む沖縄経済(前泊博盛)
            7 「戦争はさせない」の心を受け継いで(島袋淑子)
            8 翁長知事の死を無にしてはならない(桜井国俊)
            2018.08.12 Sunday

            大矢 鞆音「もっと知りたい田中一村―生涯と作品 」

            0

               2018年8月12日読了。8月5日、日曜美術館で田中一村の特集をしていたのを見て、一村の絵が気にいったので、読んでみました。
               カラーで一村の作品と生涯を紹介していました。奄美大島の鳥と植物を描いた一村の作品は鮮やかで魅力的です。
               佐川美術館で今開催されている田中一村展や奄美大島の田中一村記念美術館に行きたくなります。
               
              2018.08.09 Thursday

              椎名誠「おなかがすいたハラペコだ 2 おかわりもういっぱい 」

              0

                 2018 年8月9日読了。久しぶりのシーナさんのエッセイはやはり面白い。世界や日本各地の食材を使った食べ物を紹介してくれます。食事のひとときをおもしろ、おかしく、そしてその大事さを自由奔放に語ります。
                 「ゲンゲ科のナンダ」の章では、高級魚と言われる「ナメタガレイ」が紹介されていました。妻の実家の富山で「ゲンゲ」というヌルヌルとしたコラーゲンたっぷりの魚が出ます。「ゲンゲ汁」として食べます。標準和名は「婆婆鰈」、鳥取では「ババア」と言われているのには笑えます。

                「おなかがすいたハラペコだ(1)」は、2016年9月に読んでいます。
                2018.08.05 Sunday

                佐藤 晃子 「 国宝の解剖図鑑」

                0

                   2018 年8月5日読了。豊富なイラストと解説で国宝を解剖してくれて楽しめました。知らない国宝の凄さがわかります。
                   2017年11月4日、京都国立博物館で開催されている国宝展(3期)に行ってきましたが、この本を事前に読んでおくべきでした。
                  2018.07.27 Friday

                  「『野武士のグルメ』巡礼ガイド」

                  0

                     2018 年7月27日読了。久住昌之原作、土山しげる画のグルメ漫画「野武士のグルメ」のドラマのガイドブック。土山しげるさんが、5月24日にがんのため68歳で亡くなったというニュースがあったので、「野武士のグルメ」を読んでいましたが、ドラマ化されていたのは知りませんでした。
                     定年退職したばかりの男、香住武が、野武士になった気分で「食」を楽しみます。
                     ドラマでは、竹中直人が香住を演じ、その妻を鈴木保奈美が演じていたのは以外でした。妻は、漫画では顔を全く見せていませんでした。野武士も漫画に比べてドラマではよく出ています。
                    2018.06.29 Friday

                    「漫画版 野武士のグルメ3」

                    0


                        
                       2018年6月29日、読了。久住昌之原作、土山しげる画のグルメ漫画。土山しげるさんが、5月24日にがんのため68歳で亡くなったというニュースがあったので6月8日に読んだ「漫画版 野武士のグルメ 2」に続き、読んでみました。
                       定年退職したばかりの男、香住武が、野武士になった気分で「食」を楽しみます。共感するところがあり、面白く読めました。
                       掲載作品は、「文士の鰻重」「野武士のランチステーキ」「ハモニカ横丁のソーキそば」「野武士のおでん」「中野の甘味屋めし」「現代の大食堂」「町の寿司屋」など、楽しめました。
                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      プロフィール画像
                      profilephoto
                      PVカウンター
                      androidアプリの開発方法
                      メール・フォーム
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM