2018.02.24 Saturday

京都 青蓮院門跡

0

     2018年2月24日、京都国立近代美術館で開催されているゴッホ展 「巡りゆく日本の夢」を観た後、近くの青蓮院門跡に行ってきました。



     青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)は、天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡(注1)の一つとして古くより知られ、現在は天台宗の京都五箇室門跡(注2)の一つに数えられています。青蓮院門跡は、古くより皇室と関わり深く格式の高い門跡寺院(注3)とされています。



    (注1)天台宗の三門跡寺院…青蓮院、三千院、妙法院
    (注2)五箇室…青蓮院門跡、妙法院門跡、三千院門跡、曼殊院門跡、毘沙門堂門跡
    (注3)門跡寺院…門主(住職)が皇室或いは摂関家によって受け継がれてきたお寺のこと。



     





    立派な楠木





    蓮の襖絵







    室町時代の相阿弥の作と伝えられ、粟田山を借景にしてその山裾を利用した幽邃な趣の池泉回遊式のお庭です。



     





     





     





     夕食は四条烏丸から南東へ徒歩5分にある「満月の花」で。日本酒がおいしかった。



     





     



    「おわら風の盆」で有名な富山県八尾の「玉旭」というお酒。4種とも同じ玉旭酒造がつくったお酒ですが、つくりかたが違って、味も異なります。



     





     





    日本酒が苦手な人でも飲みやすい3種飲み比べセット



     





    青森県八戸を代表する蔵「八戸酒造」の銘柄、「陸奥男山」の裏ラベルなので「裏男山」


    2017.11.04 Saturday

    京都・高雄3

    0
       2017年11月4日、西明寺に続き、高雄の最後は、歩いて高山寺へ。途中、突然のにわか雨で雨宿りしました。
       高山寺は栂尾 (とがのお)にあり、創建は奈良時代に遡るともいわれます。その後、神護寺の別院でしたが、建永元年(1206)明恵上人が後鳥羽上皇よりその寺域を賜り、名を高山寺として再興しました。




       石水院  明恵上人が後鳥羽上皇より学問所として賜った建物で、鎌倉時代の建保4(1216)年に建設されました。国宝に指定。
       


       

       中央に置かれているのは「善財童子」。善財童子は華厳経に出てくる若者の姿をした菩薩の名です。
       明恵上人は善財童子を敬愛していたので、明恵上人の住居とされていた「廂の間」に善財童子を置いたのだろうと言われています。
       欄間に「『石水院』と書かれた額」が掲げられています。この額は富岡鉄斎の書。富岡鉄斎は明治時代の住職と親交があっあり、晩年を高山寺で過ごしたようです。
       
       庭園



       鳥獣人物戯画絵巻 甲巻(相撲)

       鳥獣人物戯画絵巻 甲巻(部分・猿追)

      鳥獣人物戯画絵巻 甲巻(部分)



      鳥獣人物戯画絵巻 丁巻(部分)

       鳥獣人物戯画絵巻は国宝ですが、残念ながらここで展示されているものは複製画。本物は東京国立博物館や京都国立博物館に保管されています。


      明恵上人樹上座禅像
      続きを読む >>
      2017.11.04 Saturday

      京都・高雄2 西明寺

      0
         2017年11月4日、 神護寺に続き、20分程度歩いて、西明寺(さいめいじ)に行きました。
         槙尾(まきお)山と号し、真言宗大覚寺派の準別格本山。   弘法大師の弟子智泉が開基し、鎌倉時代建治年中(1275〜1277)和泉国槙尾山の自証上人が中興しました。
         その後衰微し現在の堂舎は元禄12年(1699)徳川五代将軍綱吉の生母桂昌院と伝える清涼式釈迦像です。この地を槙尾といい、上流の栂尾、下流の高雄とあわせ世に三尾と称し、いづれも紅葉の名所として知られています。


         見事な紅葉


         表門




         
        2017.11.04 Saturday

        京都・高雄1 神護寺

        0

           2017年11月4日、京都の高雄に行ってきました。高雄(高尾) は、上流の栂ノ尾・槇ノ尾と合せて三尾と呼ばれ、京都では紅葉の名所として名高く、 比較的早く紅葉となることで知られています。
           まず最初に訪れたのは神護寺。 神護寺は和気清麻呂の創建といわれます。 真言宗の開祖である空海が住持し、天台宗の開祖である最澄も、一時期この神護寺で法華経の教えを説いたとも伝えられています。  


           京都駅からバスに乗り、高雄のバス停で降り、階段を降りると見事な紅葉の景色が広がります。


           高雄橋
           この橋を渡ると神護寺に向かう長い登り石段




           神護寺の楼門 門の右側には「持国天」、左側には「増長天」が据えられています。どちらも仏教における四天王の一尊です。
           
           

           書院


           宝蔵


           和気公霊廟(和気清麻呂の霊を祀った宮)に向かう山道
           

          続きを読む >>
          2017.06.18 Sunday

          東福寺、泉涌寺散策

          0
             2017年6月18日、京都 暁斎展を観た後、東福寺や泉涌寺を散策しました。


             東福寺 青紅葉がきれい


             泉涌寺


             今熊野観音に向かう

            続きを読む >>
            2017.05.29 Monday

            京都府立植物園

            0
               2017年5月28日、 「京都府立陶板の名画の庭」 の後、京都府立植物園に行きました。

               アリウム ギガンテウム


               ロベリア


              沈生花壇 純フランス庭園
              続きを読む >>
              2017.05.28 Sunday

              京都府立陶板名画の庭

              0
                 2017年5月28日、ハーフマラソン後、午後から「京都府立陶板の名画」に行きました。

                 「京都府立陶板の名画」は、 府立植物園の隣にあり、8点の陶板画を屋外で鑑賞できる安藤忠雄氏設計の絵画庭園です。



                鳥羽僧正作「鳥獣人物戯画」


                ミケランジェロ作「最後の審判」
                バチカン・システィナ礼拝堂
                続きを読む >>
                2017.05.27 Saturday

                京都の東寺、瀧尾神社

                0
                   2017年5月27日、京都の東寺と瀧尾神社に行ってきました。


                   まずは東寺へ。正門から入ります。


                   東寺の金堂


                   東寺では「陶器の絵画展」をしていました。


                   東寺の五重塔


                   緑がきれいです

                   
                   東寺の五重塔
                  続きを読む >>
                  2017.02.05 Sunday

                  北野天満宮

                  0

                     2017年2月5日、北野天満宮に梅を見に行ってきました。
                     北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。
                     
                     延喜3年(903年)、菅原道真が無実の罪で配流された大宰府で没した後、都では落雷などの災害が相次ぎました。これが道真の祟りだとする噂が広まり、御霊信仰と結びついて恐れられました。そこで、没後20年目、朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈りました。
                     そして天暦元年(947年)、現在地の北野の地に朝廷によって道真を祀る社殿が造営されました。
                     天正15年(1587年)10月1日、境内において豊臣秀吉による北野大茶湯が催行され、境内西側に史跡「御土居」があります。




                     梅苑
                     菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本があり、花の時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。




                     豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための土塁「御土居」を築きました。その一部が残る境内の西の一帯は長らく自然林で、自生のものと後に植林されたものを含め、現在、約300本の紅葉を有する名所「もみじ苑」となっています。
                     紙屋川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」や、茶室の梅交軒に設けた舞台からの眺めは絶景です。梅の花も綺麗に咲いていました。




                     
                    続きを読む >>
                    2016.11.26 Saturday

                    2016京都の紅葉3 高台寺

                    0
                       2016年11月26日、圓徳院に続いて高台寺を訪れました。
                       高台寺は豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)ねねが秀吉の冥福を祈るため建立した寺院です。


                       湖月庵






                      開山堂と霊屋をつなぐ臥龍廊


                       開山堂
                      続きを読む >>
                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      プロフィール画像
                      profilephoto
                      PVカウンター
                      androidアプリの開発方法
                      メール・フォーム
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM