2013.01.14 Monday

ミュンヘン ラスト・ナイト クリスマス・イブ

0
       

      ミュンヘンのラスト・ナイトは、昼間に場所を確認したイム・タールにある二つの有名なビアレストランのどちらかで食事をしようと思いましたが、閉まっていたのには、唖然としました。
     どの店も閉まっており、マクドナルドやケンタッキなど外資系の店しか開いてません。ドイツ人は、飲食店の人もクリスマス・イブは家庭で過ごすスタイルが徹底しています。



        

     イム・タールにあったイタリアン・レストランは空いていて、ドイツの夕食はイタリアンで(ビールはドイツ・ビール)。陽気な年配の店の人が身振り。手振りでメニュを紹介してくれ、料理もおいしかった。クリスマス・イブだからか、おみやげにケーキまでいただきました。



     

     有名ブランドが集まる高級デパート、オーバーポリンガー。建物のイルミネーションが時間とともに変わっていきます。



    続きを読む >>
    2013.01.14 Monday

    ミュンヘン  クリスマス・イブのノイハウザー通り

    0


       ドイツのぬいぐるみの有名ブランド、シュタイフのショー・ウィンドウ(ガレリア・カウスホース) 子どもたちが見ています。

       ノイハウザー通り クリスマス・イブの買い物をして家路に


       ミュンヘンの白ウインナー おいしかった。

       午後2時前から店が締め始め、2時ほとんどの店が締まってしまったのには驚いた。12月24日クリスマスイブは、家で過ごすのが当たり前。ドイツの生活を大切にするスタイルなのか。徹底している。日本とは違う。
       12月25日・26日はドイツではクリスマスの祝日。結局、店は閉まったまま。ミュンヘンでおみやげを買おうと思ったので、大きく予定が変更。
      2013.01.12 Saturday

      ミュンヘン イム・タール

      0
         2012年12年24日。、午後からマリエン広場を東にイム・タールという大通りへ

         イム・タール入り口にある旧市庁舎(おもちゃ博物館)

        二つの有名なビアレストランがイム・タールという大通りを挟んで向かいにありました。


        ビア・レストラン「パウラーナー・イム・タール」


        ビア・レストラン「ヴァイセス・ブロイハウス」
        2013.01.12 Saturday

        ミュンヘン 聖ミヒャエル教会

        0
           1540年のイエズス会設立後、ヴィルヘルム5世が反宗教改革の一環として建立させたイエズス会の教会。当時、アルプス以北では最も壮大なルネサンス様式の教会で、その膨大な建築費用によって国立銀行が破綻しそうになったそうです。

           この教会は大天使ミヒャエルを讃えた教会で、内陣の大祭壇には、「悪魔と戦う聖ミヒャエル」の祭壇画が飾られ、大理石の入り口の間には「この世の悪と戦う大天使ミヒャエル」のブロンズ像があります。
           また、内陣の下には、ヴィルヘルム5世や選挙侯マクシミリアンやルートヴィッヒ2世などのビッテルスバッハ家の君主30人を葬る墓所となっています。

           この教会は、あまり詳しく知りませんでしたし、外装が工事中でしたが、教会内に入ってみると内装は大変美しかったです。

           12月24日クリスマスイブに教会を見学しましたが、夜の10時からおこなわれるミサの案内チラシを配布していました。



















           



          2013.01.12 Saturday

          ミュンヘン フラウエン教会

          0

             個性的な2本の塔を持つ後期ゴシック様式のミュンヘンのシンボル的な教会。玉ねぎ型の円蓋を持つ2本の塔は、北塔が約99mで、南塔が約100m。
             この教会のあるフラウエン広場は、マリエン広場から歩いて10分ほどの距離で、ミュンヘンの中心部にあります。
             それまでマリア礼拝堂があった場所に、1468年に建設が始まり、約20年かかって完成しました。そして、この教会の塔にルネサンス様式の円蓋が加えられたのは、完成から37年後のことでした。その後、1821年からは南バイエルン教会圏の首教会となっています。

             教会内部は三身廊からなり、22本の白い八角柱が2列に並んでおり、入り口からはそれが白い壁のように見え、側廊と窓は見えない構造になっています。この独特の構造からか、この教会には「悪魔の足跡」(Teufelstritt)と呼ばれる、さまざまな言い伝えが残っています。


             「悪魔の足跡」 この足跡のところから教会の中を見ると、 白い柱が壁の様になり両サイドにある窓が見えなくなります。

             色々な説があるそうですが、wikipediaに載っていたものを二つ紹介します。
            【悪魔が教会を壊そうとした説】
             この教会が建てられた時、悪魔がこれを壊そうとして入り口のドアのところにやって来ました。 教会を見た悪魔は窓が一つもないことに気づき大笑い。 大喜びした悪魔は床に足を強く押しつけ、足跡を残して教会を去りました。 教会が完成し、多くの人々が教会に押し寄せた時、悪魔は外から教会を見て窓があることに気づきます。 自分が勘違していたことが分かり、怒り狂った悪魔は強い風で教会を倒壊させようとしましたが、これは成功しませんでした。

            【悪魔が教会の建築を手伝った説】 
             建築師Jörg Ganghoferはこの教会を建てる際に、悪魔が手伝いをするように協定を結びました。 悪魔は手伝いと引き換えに、最初に教会に来た人の魂を受け取るはずでした。 教会が完成し人が押し寄せた時、悪魔は報酬を受取りに建築師のところへ行きます。 すると建築師は「悪魔は窓を付けるのを忘れていて、ちゃんと仕事をしなかった」と言います。 悪魔が教会の中を見た時に本当に窓がありません。 悪魔は怒り狂って足を叩きつけ、教会を去って行きました。


             内陣には礼拝堂が並び、バイエルンにかかわりの深い人々が祀られています。ビッテルスバッハ家の地下霊廟もあります。そのほかにも見どころは多く、ステンドグラス「受難のキリスト」や、かつての大祭壇画「マリアの昇天」、などが展示されています。  
            2013.01.12 Saturday

            ミュンヘン ペーター教会

            0





               マリエン広場に隣接するペーター教会は、12世紀からの歴史を誇るミュンヘン最古の教会です。
               



              18世紀のロココ調の内部が美しい。



               教会の塔入口。入場料€1.5。



                すれ違う事もできない一方通行の狭い螺旋階段を降りて来る人と譲り合いながら登っていきます。294段の階段の先には旧市街の最高の眺望。
               
                左の塔は、旧市庁舎(おもちゃ博物館) 真ん中上の建物は、聖霊教会






               新庁舎



               右上の建物はフラウエン教会
              2013.01.03 Thursday

              ミュンヘン 新市庁舎

              0
                121224_1853~01.jpg
                 マリオン広場にそびえる新ゴシック様式の新市庁舎。ルートヴィヒ1世の命により1867〜1909年に建てられました。荘厳。





                121224_1907~01.jpg 




                   
                 新庁舎のドイツ最大の仕掛け時計は、毎日11時、12時に約10分間、32体の人形が動き出す。上の写真は12時に動いているもの。この人形は等身大。


                ミュンヘンの宿泊ホテルは、ホテル ゲルマニア
                 ミュンヘン中央駅から歩いて3分と大変近い場所で便利でした。値段の割りには内装も綺麗で、ホテルの人も感じの良い人でした。
                2013.01.03 Thursday

                ミュンヘンА.曄璽侫屮蹈ぅ魯Ε垢粘デ

                0

                   ミュンヘン初日の夜は、ビアホールの有名店、ホーフブロイハウスに。
                   ホーフブロイとは宮廷ビール鋳造所という意味で、1589年に王宮の敷地内にヴィッテルズバッハ家の鋳造所として設けられました。モーツァルトやオーストリア皇妃エリザベート、レーニンも訪れ、1920年にはヒトラーがナチス党の結成集会を開きました。




                  121224_0217~01.jpg



                  121224_0217~02.jpg
                   おしゃれな天井


                   3階まである約3000人を収容するばかでかいビアホール。

                   音楽の生演奏がされていて、賑やかで、様々な国々の人が来店していて場内満席。
                   ここでは「Prositプロージット(乾杯) 」と言えばどんな国の人でも友達になれる独特の雰囲気がありました。
                   私も同じテーブルになったアイルランドに留学して、年末年始にドイツ・スイス・イタリアを2週間かけて旅行中の(うらやましい!)二人組の中国人男性と仲良くなれました。日本にも来たことがあるとのことで感じの良い二人でした。 
                    また、テーブルの後ろの地元ミュンヘンの家族連れとも何度も「Prositプロージット(乾杯) しました。トイレでたまたま一緒になっただけのオーストリア人とも意気投合して、家族を紹介しあって楽しめました。
                  2013.01.02 Wednesday

                  ミュンヘンΑ.皀瀬鵝Ε團淵灰董璽

                  0

                    ルネ・マグリッド  ベルギーのシュルレアリスムの画家。

                     マックス・エルンスト 1927年作 マックス・エルンストは、シュルレアリスムの代表的画家の一人




                     フリッツ・ウィンター(Fritz Winter)「K35」1934年作 


                     フリッツ・ウィンター(Fritz Winter)
                    2013.01.01 Tuesday

                    ミュンヘンァ.皀瀬鵝Ε團淵灰董璽

                    0
                      121224_0042~01.jpg
                       第3のピナコテーク(美術館)として2002年にオープンした現在アートの総合美術館。「ピナコテーク・デア・モデルネ」とも日本で言われています。
                       現代美術、グラフィック・アート、建築、デザインの4分野の総合美術館で、20世紀絵画を中心に、グラフィック、現代彫刻、インスタレーション、ニューメディアミックス的な作品が展示されています。
                       建物はシュテファン・ブラウンフェルスの設計で、中央に巨大な吹き抜けを配し、天井から自然光を取り入れています。地下1階にデザイン部門、1階に建築部門とグラフィックアート部門(紙の上に表現されたアート)、2階に美術部門の展示。


                       一階、天井にあるオブジェ


                       地下1階デザイン部門には自動車、バイク、ビデオデッキなども展示され、20世紀〜21世紀のあらゆる造形活動の流れをたどることができます。

                       2階にピカソ・ダリなど現代美術部門の展示。

                       パブロ・ピカソ「Frau」 1930年作
                      続きを読む >>
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      プロフィール画像
                      profilephoto
                      PVカウンター
                      androidアプリの開発方法
                      メール・フォーム
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM