2018.06.18 Monday

映画「万引き家族」

0


     2018年6月18日、震度6弱の地震があった日、電車が止まっていたので、映画「万引き家族」を見てきました。
     万引きや一人の老女の年金で生活する6人の「(血縁のない)家族」。生活のために、違法なことを繰り返します。おこなったことは犯罪ですが、「家族」の絆は実の家族にはないものがありました。
     万引きを「父親」としていた少年がこんな生活から抜け出そうとして、わざと万引きを見つかり、この不思議な家族がばらばらになります。
     父親と再会して、別れてバスに乗って、走って追いかけてくる父親をふり返る少年の顔、昔の生活を懐かしむ顔、最後のシーンが印象に残ります。
     リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林等個性あふれる俳優が出演していました。カンヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)を獲得。
     
    2018.06.15 Friday

    青山透子「日航123便墜落の新事実−目撃証言から真相に迫る」

    0

       2018年6月15日読了。
       1985年8月12日、御巣鷹山に墜落した日航機123便墜落事故の原因を当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者が、数々の目撃者の証言をもとに驚きの真相に迫っていきます。一気に読ませます。

       政府が発表した圧力隔壁修理ミス原因説に対して、著者が疑問を持ち、取材を通じて次の真相を明らかにします。

      1. 完全炭化した遺体から推測できるのは,ガソリンとタールを混ぜたゲル化燃料を付着させる武器を使用した可能性がある。

      2. 被発表のファントム2機による墜落前の日航123便追尾は明確な事実である。

      3.墜落直前に赤い飛行機と思われた楕円や円筒形にみえる物体を目的した人がいた。

       著者の以前発表した作品を読んだ早大法学部のある学生の感想文「墜落原因と今後の日米関係について」を紹介していました。著者の推理を代弁しているのではないでしょうか。感想文(抜粋)は次のとおり。

       アメリカ側の異例な対応の早さは、なにか重大な過失がアメリカ側にあることを疑うことができる。日米両国の対応に疑惑が生じる。アメリカ側の不可解な行動、123便への外からの強力な衝撃、事故時に自衛隊が海上にいたこと。これらを考えると、日米軍の軍事訓練中におけるミサイルなどの試運転中に、それが飛行中のジャンボジェット機123便の垂直尾翼に命中し墜落事故になってしまったと考えられないだろうか。

       アメリカ軍が関わっていることから当時の中曽根首相さえも真相にふたをしようとしていることが書かれています。この事件を通じてアメリカに従属している日本の政治体制がうかがえます。

       しかし、日米のミサイル攻撃が日航機墜落事故の原因であり、それをもみ消すために一晩かけたのであれば、その間で救えた人がいたはずです。許せないことです。


      続きを読む >>
      2018.06.10 Sunday

      映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3」

      0


         2018年6月10日見てきました。山田洋次監督作品の涙あり、笑いありのいい映画でした。
         史枝の実家の佐久市茂田井。中山道の面影を残す町並みと酒蔵が魅力的でした。

         橋爪功、吉行和子らが演じる平田家の人びとが直面する大騒動をユーモアにたっぷりに描いた山田洋次監督による喜劇映画シリーズ第3弾。
         熟年離婚、無縁社会に続く今回のテーマは主婦への讃歌。
         平田家の長男・幸之助の妻・史枝がコツコツ貯めていたへそくりが何者かに盗まれてしまった。史枝が落胆する一方で、「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と心ない言葉を口にする幸之助の姿に史枝の我慢が限界に達し、ついには家を飛び出してしまう。
         掃除、洗濯、朝昼晩の食事の準備など、これまで平田家の主婦として史枝がこなしてきた家事の数々をやるハメになった平田家の人びとは大混乱となるが……。
         橋爪、吉行、西村まさ彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優らシリーズおなじみのメンバーが顔を揃える。
         (「映画com」より)
        2018.06.08 Friday

        「漫画版 野武士のグルメ 2」

        0


           2018年6月8日、読了。久住昌之原作、土山しげる画のグルメ漫画。土山しげるさんが、5月24日にがんのため68歳で亡くなったというニュースがあったので読んでみました。
           以前、「野武士のグルメ1」を読んだことがあります。
           定年退職したばかりの男、香住武が、野武士になった気分で「食」を楽しみます。共感するところがあり、面白く読めました。
          2018.06.07 Thursday

          漫画「君たちはどう生きるか」

          0


             2018年6月7日読了。吉野源三郎原作の名著を羽賀翔一が漫画化。実は、この名著・原作を今まで読んだことがありませんでした。漫画版として私は初めて読みましたが、大変面白く読めました。今年上半期のベストセラーと言われているだけに、いい本です。
             「僕たち人間は、自分で自分を決定する力を持っている」、人間としてどう生きればいいのか、主人公のコペル君と叔父さんが真剣に向き合います。
             勇気、いじめ、貧困、格差などを考えていきます。
            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>
            プロフィール画像
            profilephoto
            PVカウンター
            androidアプリの開発方法
            メール・フォーム
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM